『東方アカ×クロウォーズ!!』登場キャラ紹介ページ

08/21/2020

東方Projectの各作品より総勢26人のキャラクターが参戦!
イラスト、効果も公開中!


『東方アカ×クロウォーズ!!』に登場するキャラクターの紹介ページです。
Twitterにて紹介したキャラクターを、随時追加していきます。

さらに詳しい解説も入っていたりするので、是非チェックしてみて下さいね!


アカチームの登場キャラクター

⓪博麗 霊夢
【効果】
戦闘に参加している、効果を持つ相手カードから1枚を選択する。選択したカードは効果が無効になる。このカードの効果は無効化できない。

【解説】
いわずと知れた、東方Project の主人公。
本作の騒動を起こした原因の一端。

強さはまさかの⓪だが、その効果が特徴的。
強力な効果を持ったカードの機能を一時的にでも封じる能力は、相手プレイヤーの思惑を大いに狂わせる。

あえて手札に温存し、相手の動きをけん制するのも手だ。

①サニーミルク
【効果】
自分の山札からカードを1枚引き、 戦闘に参加させる。

【解説】
光の三妖精からサニーが参戦。
霊夢に無理やり連れてこられた形だが、サニーミルク本人はこのゴタゴタを楽しんでいるようだ。

参加した戦闘で一枚の援軍を呼んでくる効果を所持。
呼び出されるカードは一見ランダムに思えるが、手札や場のカードからある程度は推測可能だ。

頼れる仲間の援軍を祈ろう。

②メディスン・メランコリー
【効果】
なし

【解説】

鈴蘭畑の妖怪人形も騒動に参加することに。
この騒動に乗じて、ひそかに解放運動を進めようという思惑があったりなかったり。

効果を持たないアカチームカードの中では最低の強さである。基本的には陽動・囮に使われる機会が多くなるか。

③橙
【効果】
なし

【解説】
式神の式神。
この騒動に首を突っ込んでいることは藍には内緒。

強さは低めの③で、効果もない。
弱いカードではあるが、こういったカードを活用することがこのゲームの醍醐味だ。
上手いことハッタリをかまし、相手を化かしてやろう。

④リリカ・プリズムリバー
【効果】
なし

【解説】
幻想郷のチンドン屋、プリズムリバー三姉妹の三女。今回はソロ活動の一環としてアカチームに所属。

効果はなく、あまり頼りになる強さでもない。基本的にはほかのカードと組み合わせたり、防衛戦時の援軍として使うのが吉か。

⑤赤蛮奇
【効果】
なし

【解説】
今はもう大人しい、ろくろ首。
霊夢にコテンパンにされた経緯もあり、仕方なくアカチームに加わることに。

特に効果はなく、強さも中の下。
他のカードと組んで戦う機会が多いだろう。

⑥少名 針妙丸
【効果】
戦闘に参加している、元々の強さが⑦以上の相手カードから1枚を選択する。選択したカードは強さが⓪になる。

【解説】
かつて“ 弱者の立場向上 ”を謳い異変を起こした小人。一宿一飯の恩義もある霊夢の頼みとあって、快く助力することに。

針妙丸本人の強さは⑥と大して高くない数値だが、下克上を体現したかのような効果により、一対一の戦いで彼女に勝てるカードはほぼいない。
アカチームにとっての切り札であると同時に、クロチームにとっては要注意の存在になるだろう。

⑦鍵山 雛
【効果】
なし

【解説】
秘神流し雛が参戦。騒動の見物人からまとめて厄を引き受けようという目論見があるとかないとか。

強さは⑦と、少し中途半端な数字。ほかのカードと組み合わせるなどして活用しよう。

⑧火焔猫 燐
【効果】
このカードが捨札置き場に送られた時、捨札置き場にある「火焔猫 燐」以外の自分のカードを1枚選択し、手札に戻す。

【解説】
戦いあるところに死体あり。
死体あるところに彼女あり。

捨札置き場のカードを持ち去っていく…訳ではなく、手札に戻してくれる地獄の火車。

捨札になっているカードを1枚手札に戻す効果は、単純ながらとても便利。
お燐本人の強さも高めであるため、どんな状況でも頼もしい働きを見せてくれるだろう。

⑨寅丸 星
【効果】
なし

【解説】
命蓮寺より参戦の毘沙門天代理。

今回の騒動に加担した命蓮寺勢力の中では唯一アカチームに入っている。あえて両チームに加担することで中立をアピールしたいという、聖の意向によるものだ。

強さは高めの⑨。安定した働きを見せてくれるだろう。

⑩風見 幽香
【効果】
なし

【解説】
四季のフラワーマスターが本作にも参戦。

強さは⑩と、頼れる数字になっている。
その強さを余すことなく使うことで、チームの主力級キャラとして大いに活躍するだろう。

⑪藤原 妹紅
【効果】
なし

【解説】

不死の蓬莱人が参戦。

さすがにルール上“不死”という訳ではないが、強さは⑪とトップクラス。レミリア・幽香と並んでアカチームの主力キャラとなるだろう。

⑫レミリア・スカーレット
【効果】
なし

【解説】
幻想郷で「アカ」と言えば、この人物を放っておくわけにはいかないだろう。
紅魔館の主人が満を持して参戦だ。

本作の中で最高の強さを持っており、まさに吸血鬼の面目躍如といったところか。
そのパワーを活かし、思う存分活躍させよう。




クロチームの登場キャラクター

⓪霧雨 魔理沙
【効果】
戦闘に参加している、効果を持つ相手カードから1枚を選択する。選択したカードは効果が無効になる。このカードの効果は無効化できない。

【解説】
博麗の巫女と双璧を成す、東方Project の主人公。
霊夢とのささいなケンカが、本作の騒動を引き起こした。

強さ・効果は霊夢とお揃い。ジョーカーのような存在として、相手の狙いを崩すことが出来る。

けん制に使うか、はたまた攻めに加えるか…
使い方はプレイヤー次第!

①リグル・ナイトバグ
【効果】
なし

【解説】
本作における最弱カードであり、攻撃でも防衛でもほとんど役に立たない。

…ただし相手に損をさせることが重要なこのゲームにおいては、ある意味その醍醐味を存分に味わえるカードとも言える。

このカードがどれだけ活躍できるか。
まさにプレイヤーの腕の見せ所だ。

②ルーミア
【効果】
なし

【解説】
リグルに次いでクロチーム最弱級のカード。
やはり相手にハッタリを仕掛けるのが主な役割になるか。

宵闇の妖怪として、相手を疑心の闇に引きずり込もう。

③ナズーリン
【効果】
自分の山札からカードを1枚引き、 戦闘に参加させる。

【解説】
命蓮寺から参戦の賢将。
(一応)上司の寅丸 星はアカチームとして参戦しているので、主従相対する形となった。

参加した戦闘で一枚の援軍を呼んでくる効果を所持。
手札や場のカードの状況から引くカードを推測し、相手を返り討ちにしてやろう。
追い詰められてからが、賢将の本領だ。

④ルナサ・プリズムリバー
【効果】
戦闘に参加している相手カードの強さを半分にする。

【解説】
幻想郷のチンドン屋、プリズムリバー三姉妹の長女。今回は個人としてクロチームに所属。

自身の能力を活用して、相手キャラの強さをその戦闘中だけ半減させることができる。
言うまでもなく強力な効果であり、強さ④でありながらもクロチームの主力となるだろう。

⑤黒谷 ヤマメ
【効果】
相手プレイヤーの手札を1枚捨てさせる。捨てるカードは相手プレイヤーが選ぶ。

【解説】
地底のアイドル・ヤマメちゃんも参戦。

戦闘に参加したとき、相手の手札を1枚捨てさせる。戦闘が始まったときに相手の手札が1枚しかなければ、相手の手札を0枚にする事も出来るということだ。

その能力で相手を大いに翻弄しよう。

⑥矢田寺 成美
【効果】
なし

【解説】
魔法使いの笠地蔵。
今回の騒動では魔理沙の誘いを受け、こころよく協力することに。

効果はなく、強さもパッとしない。
ただし彼女をボスに指定していると「⑥少名針妙丸」が単騎で攻めてきた場合に撃退することができるという、隠れた利点がある。

狙ってできる芸当ではないが、最初の5枚の中に成美がいたならば一考の価値はあるだろう。

⑦姫海棠 はたて
【効果】
なし

【解説】
たまたま里に出向いていたところを魔理沙につかまった鴉天狗。 ブン屋業のライバル、文とは共同戦線を敷く。

中程度の強さがあるため、攻守にわたって出番があるだろう。ただし一人で活躍できるほどの数値とは言えないため、単体で使う際は使いどころに注意すべきだ。

⑧射命丸 文
【効果】
なし

【解説】
山の鴉天狗。ネタの匂いを嗅ぎつけてやってきた。
同業のはたてとは同じチームで戦うことに。

強さとしてはやや高めの⑧。他のカードと組ませてもよし、単体で使ってもよしの一枚。

⑨驪駒 早鬼
【効果】
なし

【解説】
畜生界の荒くれ集団「勁牙組」を率いる組長。
幻想郷でゴタゴタが起きているという噂を聞き、勢力拡大の好機と踏んで参戦した。

効果なしの強さ⑨と、シンプルに使えるアタッカーとして活躍できるだろう。

⑩封獣 ぬえ
【効果】
なし

【解説】
平安京を大混乱に陥れた大妖怪“鵺”。
騒動が起きたのをいいことに修行から抜け出し、クロチームに加担することに。

効果こそないものの、強さは⑩。
クロチームNo.2の火力を誇り、どんな状況でも活躍するだろう。

⑪純狐
【効果】
なし

【解説】
月の都にケンカを売り続けてきた純化の神霊が、まさかの参戦だ。

本気を出すとシャレにならないということで、今回の騒動ではかなり手を抜いて戦うことに。
それでも強さはクロチームトップの⑪。

ルナサなどの効果持ちカードと組み合わせて、アカチームを襲撃しよう。

⓪聖 白蓮
【効果】
戦闘終了後、戦闘に参加した「聖白蓮」以外の自分のカードを手札に戻す。

【解説】
妖怪寺の名住職。本作ではその魔法力は味方を護るために使われる。
名前に「白」と入っているが、魔理沙曰く「見た目がクロっぽけりゃ十分だろ?」とのこと。

言わずもがな、クロチームにおける最重要カード。
他の効果持ちのカードを再利用できるようにするなど、計り知れない可能性を秘めている。

と同時に、相手プレイヤーからも最大の警戒を払われることは明白。「⓪博麗霊夢」の動向には気を配る必要があるだろう。