多摩井鉄道 春のウェザリング祭り!~第1陣〈貨車〉~

近所の桜もすでに散り、にわか雨に香る土の匂いに季節の移ろいを感じる今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

モデラー諸兄姉にとっては、色んな意味で恨めしい冬の寒さとの別れが嬉しい…そんな季節でもあるかと思います。

…だからというワケでもないですが、私も模型部屋の整理を敢行。

いつの間にか増殖していた(不思議ですねぇ~)車両の整理を行いました。

クリアケースに入れたまま眠っていた車両もブックケースにしまい直し、出し入れしやすくなりました。

こうなると、ウェザリングもしたくなってきます。

ということで!「多摩井鉄道 春のウェザリング祭り」開催です!ヽ(^。^)ノ

数回に分けて手持ちの車両をずずいとウェザリングしていこう、という企画です。

用意したのはこちらの貨車たち!ズラりと並んで壮観です。

ウェザリングに使うのはこちら。

  • Mr.スーパークリアー つや消し
  • タミヤスミ入れ塗料
  • Mr.ウェザリングカラー
  • ウェザリングマスター(A~C)
  • その他、マスキングテープや綿棒など

車両もかなり多いのでエアブラシは使わず、手順もある程度シンプルにチャチャっと進めていきます。

①車両の車輪を外す

まずは車輪を外します。

ブレーキランプ点灯車両など、外すのが困難な車両は足回りをマスキングテープで隠します。

車掌車を汚す場合、窓もあらかじめマスキング。

カプラーもこの段階でカトーカプラーNに換装しました。

②Mr.スーパークリアー つや消しを全体に吹く

これだけでプラのツヤ感が消え、重みが感じられるようになります。

つや消しスプレーは偉大です。

③2~3倍に薄めたタミヤスミ入れ塗料(ダークブラウン)を全体に塗る

一般的にはこのあと「余分な塗料を綿棒でふき取る」という工程が入りますが、今回は省略。

車両によってはスミ入れ塗料のブラウンを使ったりもしています。こちらはかなり汚れます。

④タミヤスミ入れ塗料(ブラウン)を、薄めずに凹部に差す。

凹部やモールド表現がされている部分などにスミ入れ。凹凸が映えるようになります。

派手にはみ出た場合は、余分を綿棒でふき取ります。

⑤足回りにウェザリングマスター(グランドブラウンorステインブラウン)を塗る。

粘度があるので、つや消しを吹いた後であればプラパーツにも割と乗ってくれます。

写真のトラ・トキの足回りが分かりやすいでしょうか。

⑥ウェザリングマスターで足回りの色調を調整

ウェザリングマスターBセットの「サビ」、Cセットの「アカサビ」を適宜使用し、足回りの汚れ具合を調節。

ハケで全体的に汚したのち、スポンジでチョイチョイ乗せたり乗せなかったりという感じです。

⑦お好みで全体の汚し

ウェザリングマスターAセットを使用し、全体を汚します。

楽しいからといって夢中になっていると、汚しすぎたりするので要注意です(笑)

⑧外した車輪を取り付けて完了!

最後に車輪を付けなおして完了!

そこまで複雑な工程はありませんし、慣れてくるとサクサク進められます。

2日に分けてここまで施工しました。

なお、たまに薄め方を変えたり、手順を飛ばしたりして汚し方を変えています。

1両単位で運用されていた国鉄貨車は、汚れ方も車両ごとに様々。

あえて汚れ具合の異なる車両を繋げることで、それっぽくなるような気がします。

そんなこんなで第一陣のウェザリングが終了。

大幅に増備された貨車も、ひとまずはこれで大丈夫でしょう。

当鉄道では蒸気機関車の増備も少しずつ進んでおりますので、次回はそちらの汚しをやってみる予定です。

というコトで「多摩井鉄道 春のウェザリング祭り」、次回もお楽しみに!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

▲ よろしければクリックして頂けますと、
  大変うれしいです(´▽`)